笑い方面の話

笑い方面の話。

こういうのを書くと笑い方面でマイナスになるので、本当は避けたいんですけど。

ちょっと真面目に書いて。

 

私の場合、どこかで書きましたが、周りに面白い人がいて、それを笑っているタイプの人間だったんですが、中学1、2年生くらいだったかで笑い方面もできるようにしようと思った感じで、笑いもとるようになったと思います。

というか、友達間だけの話ですけど、遊びとなるとゲームして笑いばっかりとってたので、まともな話自体してない感じになってたんですけど。

 

私は、当時は性格がいい感じで通ってたと思うんですけど、そういう感じなので笑いも極力人を傷つける笑いとか、その場の人が不快にならない笑いを目指してもいたんですけど。

 

その頃は、今もどちらも勢力があるのでからないのでしょうけど、ダウンタウンとウッチャンナンチャンが出てきて流行った時期で、どっちのバライティも見てたんですが、ウッチャンナンチャンのやるならやらねばだったと思うんですが・・・、ネットで調べたらあってますね・・。

そのエンディングテーマの曲で平松愛理さんの歌があって、それが凄い印象にあって・・

こっちは「素敵なルネッサンス」ですね。

私は今知りましたが、小泉今日子さんや森高千里さんなどもエンディングの曲を歌ってたんですね。

・・・その頃、時期的に私は見れなかったのかもしれないですね・・地元では真夜中に入ってたような記憶があります。

フジテレビですから・・うちの地元はフジテレビはメインでは放送されないので。

 

その前に「ウッチャンナンチャンの誰かがやらねば!」があったんですね・・・何か他の番組もあった記憶があったんですが、これもですね・・平松愛理さんの歌で「月のランプ」。

やっぱこっちの印象もありました・・・生放送だったんですか・・・地元は違いましたけど。再放送なんで。

ここで実際に平松愛理さんの世間の評価も上がっていたみたいですよね。

私も番組の最後に内村光良さんが平松愛理さんを迎えて、平松愛理さんがピアノを弾いて曲を歌ってもらっている記憶はありました。

毎週生放送で出演してたのは知りませんでした。

 

綺麗な人なんですが、当時はというか、この状態を知るまではが正確ですけど、芸能人は別世界の人の感覚なのでそういう目でも見ないし、アイドルとかに興味を持つ人間でもなかったので、歌も上手いというか・・ホームですからそうですが。

そういう印象がありました。

 

私が中学2年の時だったと思いますが、その時にお年玉でコンポを確か買って、せっかくコンポを買ったんだから音楽CDも買おうと思って、平松愛理さんのCDを買いました。

タイアップとかあって、平松愛理さんは歌も上手いから、凄い聴きたい曲の候補にあがってたんで。

・・ただ自分で買った後、私は男なんで女性のCDを買っている状態が変な感じがしました。

後、記事の冒頭に書きましたが、笑い方面もできるようになりたいと思ったのもどこかであったと思うんで、その当時の私のイメージでいうと、意外に思う人がいるかもしれませんが、ウンナン方面を考えてた感じだったんですね。

 

そういうのもこのCDを購入した形で証拠にもなるんですが、私は笑いに乗じて、了承のないキスしたり胸を触ったりとかセクハラとかするような事とか嫌いな方なんで(面白い人がやると笑ってしまう事はあるんですけど)、当時は特に嫌だったとなるんですけど、(テレビだと別次元感覚なんで見てしまってはいましたけど)

そういう感じではない笑い、コント。

番組構成はエロ方面の笑いはダメというわけでなく、出演者も了承しているような状態でしたよね。

そういう感じの印象をウンナンのバライティの後に、平松愛理さんの曲が流れる光景が残る感覚が今でもあるんですけど。

 

比較的だという事もあるんでしょうが・・でも、セクハラっぽい方面はなかったですよね・・・。

印象の問題かもしれないけど。

 

今のタイミングだから、ついでにいうと私の為という形や名目で笑い方面ではないですが、報復という形でセクハラとかわいせつな事をしている人も私は好きではないですし、やるとしても別な行為をするべきだと思います。

これ、今書く必要がまたありますよね。前も違うブログで書いたと思うけど。

 

こういう感じが私が平松愛理さんのCDを買った経緯なんですね。

男性の歌より女性の歌の方が好きだったというか、当時は男性の歌自体、好きな曲と考える事が難しかったような記憶があります。

今、当時の平松愛理さんの動画とか見るとこんな綺麗な人なんだなとわかる感じで。

 

そうなんですが、私だけでなく、私の世代はダウンタウンの影響が強い人が多くて、私もそっちに流れていっているような感じになっていると思います。

そういう世代でしたよね。

今、(比較的)落ち着いてきてますが、ダウンタウンは面白かったんですが昔は凄い暴れてましたから・・・、多分、ダウンタウンは私の状態の影響も受けてかそういう笑いは避けてきているようにも思えるんですが、

松本人志さんの場合はエロ方面でも自分自身の風俗などの自虐ネタなんで私の中ではセーフだと思うんですけど。

私の場合は、逆にセクハラ方面とかない感じでダウンタウンの影響をうけている笑いだと思います。

 

 

私が笑いについて深く書くのも変ですが、

本格的にエロ方面とか使うと凶器を使って勝つような感じにもなるので、有利になるとは思います。

 

だから、タモリさんや所ジョージさんとかウンナン方面はそういう凶器を使わないタイプで笑いをとる感じで、

サンドウィッチマンもそうですよね・・。

この機会なんでですが、そういう意味でサンドウィッチマンは上手い感じで笑い方面で生きているなと私はずっと見えている感じの印象です。

取り巻きの問題はでてくる可能性はでますが、

この状態でも安心して見れる感じですね。

 

 

当時のという言葉も付け加えてですが、ダウンタウン、とんねるずは笑いで凶器を使う感じだったと思います。

でも、私の場合は視聴者視点で、おそらく他の一般人もそうだと思いますが、芸能人は別世界の人みたいな感覚なので、そういう笑いをとっても他人感覚になっているとか、そっち方面の人間だという感覚になっているのでマヒしているので、普通にテレビを見て笑っていたりなんじゃないかと思います。

どっちも面白いと思って、バライティとか見てたので悪い印象という感じはないんですが。

 

それにそういうバライティ番組に出ている女性なども、書いていいのかわかりませんが、ある程度、許容している人も多いように見えるので、逆に私が影響しすぎるのが良くないようにも見えているし。

本人が本当に良かったら問題ないわけですから。←これ重要ですね。私はこれがかなり、とんねるずの状態を見て気づいてなかったなと思いました。女性の人は、実際はとんねるずの笑いが好きな人も多いですから。

それに後から、ある時期とんねるずが芸人に厳しく当たっていた件の理由もわかりましたから、イチゴを食べて冷たくておいしいという話もあった時期も私は見てますし。

バライティのコントはとんねるずが昔、強かったですよね。

「とんねるずのみなさんのおかげです」はバラエティ番組で年間平均視聴率1位を6年とってんですね。

普通に笑い関係の話になりますが、この状態を経験するとテレビで見ているより実際に直接やりとりすると、とんねるずの面白さがわかる感じがあったので、番組中に宮沢りえさんがとんねるずのコントで楽しいと笑っていた時の本当の意味がわかる感じでした。

テレビで見ているより、現場でやりとりしている方が面白いんだろうなと思いました。

 

後、テレビを見ている時にうちのソファが一番悪いんですけど、あのソファは普通に座るにはちょうど悪いソファで。

(ソファメーカー関係の人には悪いのですが)

多分、私だけでなく他の人も無意識にそう思ってると思うんですけど。

そういうソファなので、私はソファの上であぐらをかいてたんですが。

それで、山田花子さんにお前は大仏かってツッコまれたのも、プロだなと思って・・。

新喜劇とか見てたので独特な感情がありました。

 

(書いてますが、ガラスのハートなのでキツイ事とか突っ込まれたくはないので。

ガラスのハートじゃなかったら、芸人の上の人のやりとりとか経験はしたいんですけど、無理ですね)

 

 

ビートたけしさんやさんまさんは、基本的には女性に手を出さない笑いだと思います。

ただ、昔の話だと取り巻き方面とかやってしまう感じは見える感じだったかもしれません。

きっと、そういう視聴者にマイナス面になる事は極力避けているようにも見えるし、笑い方面というよりテレビ面では知性を使って判断している印象があります。

プライベートでは違うとは思うので、さんまさんはかなり怪しいですし。

本音をいうとつい最近、ハエ男の歌の正体がわかりました。

このブログだからですが、森高千里さんの話題を書いてた時は実は気づいてませんでした・・全部書いてしまってますけど。

 

文頭で人を傷つけて笑いをとるという話ですが、それを専門に被害を受けて笑いをとるタイプの人もいるし、

この状態もあるので、これは書いてはいけないかもしれませんが難しいですよね、判断が。

 

笑いを優先してとる快楽目的でやっている事も少ないですから。

 

でも、この状態になってですが、私はキチンと笑い方面で人を傷つけない方面とか話してましたが、

他のブログでも書きましたが、そういう当初とか笑い方面ばかりに目がいって、後から言って失敗したなと思う事があったりしますし、それは他の人もある話だと思うし。

芸能人は別世界の人感覚もあったので、そこまで気を使ってやってなかったですから。

 

タイムマシーンとか実はあったら、私は戦国武将などを敵に回していると思うんですが、今はそれ覚悟でそういう事をしてます。

 

タモリさんとか、笑い方面でなく、真面目な番組とかにも出てて、いつだったか(私でなく他の人に向けての話で)そこまで笑いをとる必要があるかと話してた記憶があるんですが、そうなるとそうだなと同意するんですけど・・・どうなんでしょうね。

 

 

このタイミングで書くのもどうかと思いますが・・。

最近、業界の動画を見始めた時にミラクルひかるさんを見たんですが、

前に関西のデパートみたいな場所でミラクルひかるさんが催しをやって、周りにそれを見ている観客がいる動画を見た事で実は見始めました。

そう見えなかったと思いますけど、当てたら逆に凄いですね。

 

先に書いておきますが、ミラクルひかるさんは面白いし、モノマネが上手い人で、宇多田ヒカルさんなどはかなりクオリティーが高いですよね。

その時、その観客の1人が携帯でミラクルひかるさんをとってネット上にアップしたと思うんですけど、その関西人の観客の会話に関西人って笑いに厳しかったりもすると思うので、ミラクルひかるさんの笑いについて話している声が聞こえて、その中でミラクルひかるさんがたんたんと笑いながら高いクオリティーでイベントを続けていってるのを見て、凄いなぁと思って。

 

ミラクルひかるさんのホームは本来モノマネなんですが、笑いも含めてますからね。

 

私の場合、ガラスのハートなので、あれはできないと思って、私はよく話してますが、メンタルが弱いので芸人とか無理だと話しましてましたが、アレを見て私はあの場面は無理だなと思って。

デパートに被害金を請求されますね。

アニメなどの主人公でもありますが、高い力を高められますけど、持続がなかったりするのでガクンと一気に下がるタイプなんで、凄いなと思いました。

 

そんな感じで、最近動画を実は見始めてたんですね。

 

笑い方面でこれも書こうと思って、つけたしました。