サッカー

ワールドカップとは関係ないけど、ちょっとこれだけ書こうかなと思った事があって、パサーの人だとわかると思いますが、

 

私は前のブログでヘディングをしようとしている選手にパスを出す時に、バックスピンをかけておいたりとか話しましたし、普通はたいていカーブをかえてまいて、ヘディングをしやすいようにボールを蹴ったりすると思います。

 

遠藤選手の場合、フルネームが忘れてますがヤットと話してる人ですが、ヘディングが強い中澤とか、そういうタイプの選手に無回転というか、そのような質のボールで上げていると思います。

あれはサッカーをやっていない普通の人が見るとわからないかもしれませんが、カーブをかけたりするより逆にかなり難しいボールを蹴っていつつ、ヘディングが強い選手の場合はヘディングがしやすいのか、ゴールにつながっているんですけど、あれって凄いなと。

 

見ていてわからないんですよね。

どんな感じの質のボールになっているのかとか・・・多分、私がサッカーをやっている時でも似たようなボールは蹴れるのかもしれないけど、似ているだけになってボールの質自体は違うから、ヘディングが強い人がヘディングをしてもゴールにつながらないようなボールになってしまう気がします。

 

どういうボールなんでしょうね。

私はボールにバックスピンをかけると、カーブをかけるとか書いたのですが、ずっと遠藤選手のあのキックを見ていてどうなってるんだろうといつも思ってたので、この機会に書きたいなと思って、今書きました。