サッカーのパスについての話

前に私が昔に使っていたドリブルや守備について書いたんですが、実際どうなんだろうと自分でも思うんですけど、プロとかのレベルとかだと。

私はドリブルや守備が得意ではないので、パスがメインだったと思います。

ただ、パスに関しては、得意な方だったんですけど特にパスに関して練習をしてたわけでないし、パスを出している時もこの場所に蹴りたいなとか、このへんで少し曲げようかなとか、そんな感じで蹴っている感覚で、意識しないでボールを蹴っている感じだったので、いざ説明するとか、どう練習すればいいとかなると難しいなと思います。

 

私の場合、そんなトリッキーなパスを出すとかでもなかったと思うし。

 

ラストパスに絞った話でいうと、プロの人などのパスを見ていて、ラストパスなどが上手い人はパスを出すべきタイミングでパスを出しているかが、でかいなと思いました。

 

だから、自分自身のパスを出せる体制が不十分であったとしても、私だったらその体制でもパスを出しているだろうなという場面でラストパスが得意でない人は出していないパターンが多いように見えてて。

その場面をやり過ごして、パスを出している人は、その後のプレーやタイミングでラストパスを出せるのかなと見ていると、ゴールまでになっていないとか、あったりしている事が多かったなぁと思いました。

最近、サッカーを見ていないんですけど。

 

もしかしたら、パスの難易度的に難しい話をしているのかもしれないですけど。

そういうのを考えると、私が前に書いたドリブルや守備は得意な人からすると、それほどでもないように見えてるんだろうなとも思えてきてますけど。

 

一番、わかりやすいのは、ロシアワールドカップの初戦だったと思いますが、ロシアのフォワードがゴール前で一瞬の前だったか横だったかに動く素振りをして、ディフェンダーがつられて、体制を崩してしまった場面があって。

そのタイミングでロシアの選手がラストパスを出したと思いますが、あれがわかりやすいと思います。

 

・・・と書いてますが、記憶が怪しいのでよく見たら違うかもしれないけど、よく間違えているし。

今見たら、体制よくパスを出してるかもしれないし。。。

 

書くのやめとけばよかったと思ってきた。。

 

後から、また書くかも・・。

 

でも、あの場面とかそういう事だと思うんですけど。