アフィリエイトなどの仕事で

アフィリエイトなどの仕事をしていると思う事。

 

単刀直入に、やっぱり私の場合は営業みたいな仕事をするのが性格上、向いてない部分があるなと思いました。

こっちのブログで書いてますが、営業の仕事をしている人を悪くいうわけではなく、営業に限ったことでないけど、よく人をだますというか、欺くというか悪すぎる言葉でいうととなりますが、それができるなと思ってしまって。

よく言うと、良い商品だとそういう事をしてまでとかで売っているという事になると思うけど。

 

きっと、商品とか売る方の答えでいうと、そこまでしないと人はお金を出さないとかあるからとか、なんでしょうし、資本主義でいうとそういう状態があるから、お金が回っている部分もあるんでしょうけど。

 

私はこのハードルが越せないというか・・・、しかも見られて、それをやるかやらないかですからね。

業界とかほかの人見ていても、嘘ついたりして、ばれなければとか、何も言われなければいいとかで、指摘されると怒るとか裏でどうにかするという状態ですから。

 

私もそれと同じ状態になるっぽいと思うし。

 

プログラマーとして働いていた時も、これをわかっていたけど、やっぱり、私は大変だなと。

プログラマーの時も、逆を返すと作る側だけど、そういう状態で働いている人が作ったお金が回って、自分の給料になっているんだなと思ってたから、それを考えないようにして生活してたんですけど。

 

一番はやっぱりそこまで深く考えていない状態の人間の方がストレスとなく、生活できるんですよね。

 

この時期とかでも、営業の人と接したりしていたので、別に仲悪くというわけでもなく、逆に誠実に営業をしている人とも接してたけど、どっちが営業が上手くいきそうか見ていても、誠実な人って仕事をとるのはハードルがあるように見えてはしたし、その反面、そういう人と接するのは楽でいいんですけど。

 

女性向けの商品だとネカマするとかしないとかも商品の売り上げに関係するとか出ますから、そういうのがあるというか、それもまた、さっきの話なんですよね。

商品の話でなく、個人的な話で書いている感じです。

 

だから、プログラマーをやっていた時も、別にプログラマーだからいい仕事をしていると思っていたわけでもなく、そういう事を感じられにくい感じで仕事をできるポジションだなと思って、生活してたし。

プログラマーもすごい腕がよくて効率がいい人だと、残業なく生活している人が多いので、その状態だといいんですけどね。