笑い関係の話で

笑い関係の話でちょっと書こうかなと。

 

この状態を知るまでは、当然ですが視聴者視点という感じで業界のお笑い芸人を見ていて、おそらくですが一般人と同じ感じで面白い、面白くないとか自然に見ていたと思います。

 

よいしょをするわけでもないんですが、ブレークしていないとか、過去にブレークした芸人とか見ていて、この状態の視点で見ると当たり前といえば当たり前ですが、私より面白いなと思いました。

 

youtubeとか見ても、素人の人っぽい人が作る作りと、業界人が作る作りは、感覚的な話ですがやっぱり業界の人が経験値があるからか違うなと思います。

 

単純に力的な話で書いてますけど。

 

10年前も思ったんですが、とんねるずが実際に直に悪い感じではなく私関係でテレビで笑いをとっているのを見て、実際に直接、笑いのトークを見ると本当に面白いんだなと思ったので。

視聴者という感じで見るのと、直接、直で笑いを見るのとでは違うものなんだなと思う経験をしました。

テレビ視点でも当然面白いんですけど、直に接すると本当に面白いんだなというか、番組でその光景を見ている人はこんな感じで面白いと感じてるんだなとわかるというか。

一般人とかでも、その周りの人だけで面白いと感じている光景もあるから、そういうのもプラスされているだろうとは思うんですけど、一般人レベルとは違うなと。

 

私は、この状態なので笑いのレベルが明らかに落ちてますが、私は芸人ではないのでいいかと思うし、一般人の素人がそのレベルの人達と同じだと勘違いして笑いをとっていると思う醜態はちょっと、きついですし。

 

やっぱり、自分で予想してた通り、業界人の笑いレベルではメンタル的な部分で私はダメですから。

 

私は、もともとは人を傷つけるというか、身を切る笑いとか、そういう笑いはちょっとダメなので。

和気あいあいな笑いの方面ですから。

普段もその場所の人が楽しめればというぐらいの笑いでもあるので、

そのへんが業界のレベルのお笑い芸人の人と違う感じがします。

仕事も入っているのもわかるし。

 

呑舟の魚は枝流に游がず。