雑談

また、私はつまらない人間になっていきますが、

 

笑いの話について、書いていきます。

こういうの書くと、また私の笑い方面がつまらなくなっていくんですよね。

 

プロのお笑い芸人とかは、実力があると思うので、こういう形で書いても大丈夫だと思います。

それに私は前にも書きましたお笑い芸人レベルの笑いのレベルはちょっと無理ですから、

こういうのを書いてもいいかなと思います。

その領域は、個人的にやりたくもないし。

 

それに私は、少しそういう自信もありますけど、天然もあるので

真面目な事を書いても、そういう意味で自信があるからいいのもありますけど。

 

真面目に書くと、私の場合、小学生とかは面白い人とかいると笑っている感じの人間でした、

・・・でもよく考えると見られているわけだから、もっと正直に書かないといけない気がして書きますが、

天然もあるからそういう笑いは少しとってしまう人間だったと思います。

 

・・真面目に書いても、そういうのがあるので面白くなってしまうのに逆に気をつけないといけない気も

してきましたが、書いていきます。

 

あくまで笑い方面の話で書いていくので。

 

で、中学校になってから、その時期は私のバブルみたいな時期だったので、

笑い方面も面白くなろうと思ってしまって、当時はテレビのいろいろな芸人の人の笑いとか

マネして友達間でやりはじめたりしてたと思います。

 

もともと、面白い人間でもないわけなので、自分でもわかっていましたが、

つまらないレベルから面白いレベルにならないといけないわけなので、

いろいろ試行錯誤したり、くだらないダジャレとか話したりとかしてました。

 

私達の世代はやはり、ダウンタウンが強くて、その影響でそれをマネするというのが

全国的にもあったと思うし、芸人の方でもそういう現象があったと思います。

私もそんな感じで・・特に友達間とかの間だとお互いわかりあってたりするわけなので

そういう時だけ、ふざけてたとかそんな感じです。

 

私もこの状態でちょっとやってしまったのもよくないですが、

この状態では、きつい部分もあったりするのは感じたりはします。

ダウンタウンだと他の人もそういう光景を見ているわけなので

笑いのレベルとか私なんか小さいレベルなので、

似たような事をやっているなぐらいにしか、見えないと思いますけど。

 

・・この状態で、他の人と同じような事をするのは、

逆にきついのもあるんですよね。

何の分野でも最初にオリジナルの方がもとに見えるのが普通ですから、

後続はそれをわかりつつやらないといけないとか、

見られるのもありますし。

 

私の場合、何かレベルアップするのに中学校の当時とか

わからないなりに形を真似したり、わかったと思うようにしたりとか

してたので、特にマネするという感覚でやってはなかったんですけど。

 

そういう笑いについて面白くなろうとすると、

やっぱり、あるんですよ。素人の人がやってしまう事とか。

私もあったなと思います。

(私も素人なのに、何を書いているんだろうとなりますが)

 

なんとか、ひどい事とか、突拍子もない事をいえば面白くなると

思うので、他人の悪口というか、そういうので

笑いをとって面白いと思ってしまう事というか。

 

プロの芸人の人だと逆にその領域にお互いいってとか、

いってでも笑いをとって、三方よしと考えられるんですけど、

私は一番はこのプロの領域レベルまでは無理です。

 

テレビを見てても、芸人の人がメインの番組の場合は、

上手い人とだと視聴率やテレビの視聴層を考えてるように見えますが、

ゲストが女優とか俳優だとそれに合わせた笑いをとって、

アイドルだとアイドル層の視聴者に合わせた感じとか、

ただ、芸人がゲストの時は、メイン番組の芸人は目の輝きとかが違うので、

やっぱりお互いやりやすそうに見えたりします。

さっきの三方よし状態ですね。

 

そういう事だと思いますが、私はこの芸人の領域は無理ですね。

 

昔の人は特にそうでしたが、視聴者の人はそれをうのみにしてしまう人がいるので、

芸人はそういう事をしてもいいとか思ったり、ふだんからそうやって生活していると

思い込む人とか多かったですし。

私も子供の頃は、そういうのありました。

 

笑いから離れますが、今もテレビのやらせみたいなのに引っかかっている人もいますからね。

私もまだあると思うけど。

 

私もこの状態を知ってからやりづらいのですが、

そういうのがあるので、テレビなどを見て笑い番組とか見るのが大変だとか苦手でも

あったりしました。

私のリアクションを見てると、感じている人は感じていると思うけど。

 

これは笑っていいのか、笑う状態ではないのか、それに芸人からすると

きっと笑って欲しいとか強いわけの人も多いだろうし。

だから、そういうバランスを上手くとるお笑い芸人はやっぱり上手いと思うので、

その点でも私より上手くやっているんだろうなと見えます。

 

笑いをとるためにその空間だけを当然気にして笑い話を作るし、

みんなそうだと思うけど、

昔はやはり、テレビの方面の人たちまで考えてやってませんでしたから。

この状態を知った時は、それがぞっとしましたし。

 

笑いだけでなく、私は以前は普段、特に何もされてない人だと特に

悪口とかいわない人間だったので、他人が会話の流れで

人の話題を話している状態でさえ、自分にふりかかるとかあるなと思ったりするし。

そもそも、そういう会話をしているのは実際は普通の人はあったりしますから、

ターゲットになったかどうかですからね。

 

でも、逆に本当に子供の頃は、子供だからという言い訳をしますが

やってましたね。そういうの。

 

ただ、笑いをとろうとした初期の頃って、やってしまうんですよね。

他人がやっているから、いいのかなと思ってしまうとか。

答えは仲がいい同士だから、許容範囲だとかそういうのがあるし。

逆に本当にプロの芸人とかだと、そういうのさえ来てほしいとなると思うけど。

自分自身が笑いになると嫌だとなるのが普通なので。

それを指摘している人を見ると逆に私からはいい人に見えてしまいます。

 

ただ、女性は男の人を知らないという人がずっと出てくるから大変だと思ったりしますが、

逆にこういうのあるんだなと思いました。

 

こういうのって私はふざけてしまったりする人間なので、

それが体にしみついてしまっているのもあるので、

真面目過ぎる状態に戻れないというか、真面目に見えるかもしれないけど。

そういうのもあるんですけど。

 

こういうフレーズが自然に出てしまうのもよくないんですよね・・。

 

良くも悪くも、そういうのはあるのもよくないけど。

 

暗い話題を書いたので、ちょっと気になった事があるのですが、

腹をたたいて、ミルキーはママの味をやってたと思いますが、

らんま見たら、おそらく、中学時代にも私はやってたみたいですが、

全くそれをやった記憶がないんですね。

はじめてやるオリジナルだと思ってました。

それほど、笑いをとろうとも思ってなかったし。

人前でやってた記憶もなかったし、人見てない時でも面白い事とか

試したりしてしまう人間でもあるので、真意はわからないけど。

 

・・いい例になったかもしれませんが、このへんとかは恐らくいいレベルなんじゃないでしょうか。

そういう事ですよね。

 

私からしても面白かったか面白くなかったかとかどうでもいいし。

面白くなかったといわれても、別に笑いをとろうとしてたわけではない可能性もあるのでダメージはなしです。

 

しかも、今の私の状態だから少し許されるだろうし。

 

話を戻さないとダメですね。

 

身近な集団ストーカーとでも、おそらくそんな類の人が出てきたりもあった気がします。

本人は面白いと思っているというか。

集団を作っているパターンは、周りとか面白くないなと思ってるけど笑っているようにしている風景とかあるから。

そういうのがあるから、逆に笑いに気をつけないととも思うけど。

 

本人がそれに自覚してなくて、気づかせてもらえている扱いはまだ救われる方かもしれません。

 

今だと昔に比べて、・・・私の影響もあるんでしょうけど、普通の人でも私と同じくらいとか

それ以上の笑いのレベルに人ってざらにいますからね。

 

ただ、これもずっとは大変ですね。

 

勝手な結論ですが、やっぱり集団より身近で仲が良い人とそういう事をしてた方が楽しいですね。

集団ストーカーが普通の生活でくるので、そういうのもできないというか、できづらいけど。

 

他にもなんか書こうとしてたことがあったけど。なんだっけ。

 

私は芸人とかとして、テレビに出たとしても一発屋ぐらいなレベルだと思うなと。

この状態を知る前からそういうのを他人に話してたけど。

若手とか新人のお笑い芸人とか見ていると、よくてそのくらいのレベルなんだろうなと見えたりします。

 

知っているから、笑えるとかありますからね。

長く付き合っているからとか、芸人の人がその周りの人と会話してるのを見ていても

そういうのを感じますから。

 

そういうアドバンテージはあるんですよね。

私はアドバンテージという言葉になりませんけど。

 

普段の生活では、一般レベルよりはあるなと思って生活してたから、滑る恐怖というかそういうのを感じないで生活してたんですけど、久しぶりですが、本当にそれをかなり感じて、話の流れでこういうのを書くのは変ですが、

 

笑いをとる行動が恐怖に感じてきて。

滑る恐怖というか。

 

話の流れがおかしいんですけど。

 

これも書いておきたいのですが、面白いというより楽しいとかそんなレベルを目指していけばいいのかと思って。

 

スキーでいうと直滑降とかで滑って転んでケガをするより、

ボーゲンでゆっくり走って、転ばずに楽しんだ方がいいのかなと

思ってきました。

 

別にこんなことを書いても、おおきな笑いにはならないと思うし、少し笑いが出るとかそんな感じか話を聞いててまぁ楽しいかなレベルじゃないですか。

そこかな。

 

こういうのを書くと膨らんでしまうかもしれないけど。

その辺かなと。

 

でも、こういうのを書くと人によっては芸人の人の芸の幅に関係するから、そこまで考えていくと難しくなるけど。

 

こういう問題は10年前からというか、実際は業界ではもっと前から続いてそうですよね。

 

逆に私もテレビで笑っていいのかどうなのかとか前から、そういうのが難しいんですよね。

 

笑い芸人を目指すわけでないのでいいのですけど、自分に対しての悪い事を指摘して笑われるのはイヤなのに

他人にはそうやって笑いをとるとなると、知っている間だと笑いがとれなくなったり

しらけたりしますからね。

そういうのを通り越して知らない人とか、視聴者は笑うかもしれないけど。

 

私もこれがテレビで笑い番組を見る時に大変になったりします。

テレビは視聴率とか、テレビに出たいとかあるでしょうけど、私の場合はそういう欲求はないから無理して観なくてもいいから、そういうのでもお互い成立しますからね。(個人的にそう思っているのもある気もします)

真面目な番組を見て、お笑い番組に変えると、どっちがバツが悪くなるというとお笑い番組ですからね。

向こうは私を見てしまうとかもあるんでしょうけど。